糖質大好き!食べて痩せるダイエット!

これまで挑戦したダイエットは3回。いずれも失敗に終わりリバウンド。現在4回目の糖質オフダイエットにチャレンジ中。困りごとの解決提案やメニュー提案を投稿します。

コーヒーをブラックで食後に飲もう!そして体脂肪を減らそう!

皆さん、こんにちわ。

さて、皆さん、皆さんは毎日のティー、どのような種類のものを飲んでいますか?

ぼくはと言えば、

摂取量順(あくまで推定)にあげますと、

第1位:ドリップコーヒー

f:id:hidesyumin777:20190406195942j:plain

第2位:インスタントコーヒー

f:id:hidesyumin777:20190406195957j:plain

第3位:抹茶

f:id:hidesyumin777:20190406200012j:plain

第4位:ほうじ茶

f:id:hidesyumin777:20190406200025j:plain

第5位:ジャスミン

f:id:hidesyumin777:20190406200040j:plain

と、圧倒的にコーヒーに軍配があがります。

もちろんブラックです。

糖質0は常に意識していますから、砂糖は摂取しません。

しかし、コーヒーは毎日飲んでいるとどうしても飽きがきてしまいます。

そろそろ控え目にしようと考えていましたが、とある本を読んでいたところ、コーヒーにも以外な効果があることが記されていました。

果たしてその効果とは何か!

1.コーヒーで長寿ホルモンが増え、内蔵脂肪が減る!

①コーヒーに含まれる長寿ホルモンは「アディポネクチン」

②「アディポネクチン」は、糖の取り込みを増やす。

③「アディポネクチン」は、血管保護作用により、動脈硬化の抑制に期待あり。

④「アディポネクチン」は、注射やサプリメントで摂取することができません。

☆☆☆「アディポネクチン」は食事から補う必要があります。

名古屋大学医学部の山下健太郎博士らによれば、

「コーヒーの摂取量の多い人は、アディポネクチンの分泌量も多い」と言われています。

杜ちゅう茶にも同様の成分が含まれることがわかっています。

したがって、コーヒーを飲む。

コーヒーを飲むと「アディポネクチン」が摂取できる。

「アディポネクチン」は血中の糖を筋肉などの取り込み消費する。

すると血糖値が下がる。

すなわち、脂肪がつきにくい。

という、好循環サイクルになるわけです。

レストランのランチにコーヒーがつくことがありますが、飲むタイミングとしてお薦めなのは、食後になります。

メインディッシュで血糖が上昇しますので、コーヒーを飲んで下げるといった感じです。

皆さんも参考になさってください。

(^^♪(^^♪(^^♪

 

www.karaoklove.com