糖質大好き!食べて痩せるダイエット!

これまで挑戦したダイエットは3回。いずれも失敗に終わりリバウンド。現在4回目の糖質オフダイエットにチャレンジ中。困りごとの解決提案やメニュー提案を投稿します。

糖質オフdiet  チーズ絹揚げステーキ!カロリー25%オフ、糖質7%オフ!

皆さん、こんにちわ。

ダイエットの調子はいかがでしょうか。

ぼくの方は、12月から始めた手作りランチボックスのお陰で停滞期脱出を図ることができました。

しかし、体の慣れというのは恐ろしいものです。

たった2ヶ月で4回目の停滞期が来てしまいました。

※4回目というのは一昨年の12月を起点として停滞期が4回目に突入したということです。

現在79Kgですが、理想体重までは16Kgほどダイエットしなければなりません。

とにかく諦めずに、できることをしっかり実行していきます。

それでは今日もいってみようか〜!

1.夕食のご紹介

今日の夕食はこちら!

左上から時計回りに、、、

①納豆ごはん※ごはんは80gです。

②チーズ絹揚げステーキとチーズハンバーグ2分の1

③みそラーメンこんにゃくスープ

f:id:hidesyumin777:20190303042417j:plain

2.材料と作り方

①納豆ごはん※作り方は除きます

・ひきわり納豆 1P

・ごはん    80g

f:id:hidesyumin777:20190303110222j:plain

★★★豆知識★★★

粒納豆よりひきわり納豆の方が骨に効く!

骨のカルシウム沈着を促すビタミンkがひきわりの方が多いからです。

納豆を食べ、牛乳を飲めば成長期の方は伸長に役立つことでしょう。

★★★★★★★★★

②チーズ絹揚げステーキとチーズハンバーグ2分の1

・とろけるチーズスライス1枚

・絹揚げ        1個(200g)

こちら相模屋さんの「煮込んでおいしい絹揚げ」です。

右端の画像のとおり2個入っているので一人1個食します。

f:id:hidesyumin777:20190303114112j:plain
f:id:hidesyumin777:20190303114117j:plain
f:id:hidesyumin777:20190303114129j:plain


・チーズハンバーグ  2分の1(デミグラスソース)

絹揚げにスライスチーズをのせ、チーズハンバーグ2分の1を皿にもります。

電子レンジの自働温め機能で加熱します。

f:id:hidesyumin777:20190303110239j:plain

★★★豆知識★★★

チーズと絹揚げの組み合わせ、こちら主婦のアイデア料理と言われています。

かけるソースは、めんつゆが良いとされていますが、お好みで他のものをお試しになってもよいでしょう。

★★★★★★★★★

③みそラーメンこんにゃくスープ

・みそラーメンスープ1p

・束ねて糸コン   1p(180g)

通常品は麺のように1本ずつですが、こちら商品名の通5本〜6本束ねられてくっついており、長さは約3cm、食感は固形物のような感じです。

f:id:hidesyumin777:20190303111646j:plain
f:id:hidesyumin777:20190303111652j:plain

鍋に2つの材料を合わせ、かき混ぜてから加熱する。

沸騰直前に火を止める。

f:id:hidesyumin777:20190303110253j:plain

★★★豆知識★★★

カロリーが低い、豆腐と比較して12分の1、約7kcal/100g。

食物繊維の1種「グルコマンナン」が豊富。

カルシウムが豊富。

ダイエット向けの食材に適していますが、少し弱点があります。

独特の臭いがある。→茹でるなとして下処理が必要

基本的に消化しない食品であるのでカロリーが低い、その特定によりお腹がゆるくなる人がいます。

一度にたくさん食べるものではありません。

こんにゃく料理ってあまり思いつきませんよね。

ですが、ご安心ください。

nhkがってんのhpにこんにゃくの効能やメニューが載っていますので、参考になさってください。

⇩そのページがこちらです。

世界が注目!“こんにゃく”パワー - NHK ガッテン!

 

★★★★★★★★★

 3.まとめ

総カロリー:約450kcal

目標値600kcalに対し、約25%オフ。

総糖質  :約40g

目標値43gに対し、約7%オフ

f:id:hidesyumin777:20190303042417j:plain

※追記:これまでものべてきましたが、ごはんは1食あたり80gを限度としています。

このことが他のおかずを食べても目標値43gを守るコツになるからです。