そのみちほうげんの糖質大好きなんだけどダイエット(バイリンガル版投稿あり)

これまで挑戦したダイエットは3回。いずれも失敗に終わりリバウンド。現在4回目の糖質オフダイエットにチャレンジ中。困りごとの解決提案やメニュー提案を投稿します。


ダイエット法比較 糖質制限食のすすめ vs 朝だけ断食 違いは何か?あなたはどちらを選びますか?

みなさん、こんにちは。

そのみちほうげんです。

さて、あまたあるダイエット法について、いったいどれが自分に合っているかと考えたことはありませんか?

判断材料は、それぞれのダイエット法を比較し、違いを知ることです。

今回は、「朝だけ断食」と「糖質制限のすすめ」の違いについて、ポイントを考察します。

ダイエット法を決めるのに参考にしていただければ幸いです。

 

1.著者 

◆朝だけ断食

鶴見隆史(医師) 2015年に著書刊行

糖質制限

江部康二(医師) 2005年に著書刊行

 

2.提唱の背景

◆朝だけ断食

昭和40年以降、病気になる人が増加。

長生きになったが寝たきりが増えた。

糖質制限

カロリー制限や薬では糖尿病患者の治療成績が上がらない。治療成績を上げたい。

 

3.主目的

◆朝だけ断食

①体の不調を減らす

②病気を減らす

③健康で長寿を目指す。(寝たきり老人を減らす)

糖質制限

①糖尿病患者の治療成績を上げる

 

 

4.方法

◆朝だけ断食

①朝食を抜くだけ。朝はコップ1杯の水を飲む

口に少し含み30回噛みゴクンと飲む。

これをコップの水が無くなるまで行う。

糖質制限

①糖尿病患者の症状に合わせて、1日1食~3食の主食を抜く。おかずは食べてok。

    

5.効果

◆朝だけ断食

代謝酵素が活性化し、腸の免疫力がアップする

糖質制限

①糖値に急上昇を抑える

②空腹時の血糖値が正常化

インスリン注射が不要になる人がいる

④経口薬が不要になる人がいる

⑤薬代が減るので経済的

 

6.なぜ効くのですか? 

◆朝だけ断食

①人は消化酵素代謝酵素を持つ

②食べすぎは消化酵素を増やし、代謝酵素を減らす

代謝酵素が減ると体の不調や病気が起きてくる

④朝食を抜くことで、代謝酵素が増える

代謝酵素が増えると体の不調が減り、病気になりにくくなる

糖質制限

①糖質を減らすので血糖値が急上昇しない。

インスリンが少なくて済むので中性脂肪ができにくい

中性脂肪ができにくいと脂肪が溜まりにくい。つまり太りにくい。

 

7.禁止食品

◆朝だけ断食

①牛乳

 牛乳に含まれるカゼインに発がん性がある。

 たくさん飲む人は、乳がん前立腺がんになりやすい。

糖質制限

①糖質を多く含む全ての食品

※糖質が多い、少ないの記事はこちらをクリック

 

www.karaoklove.com

 

 

※詳しくはこちらの書籍です。興味のある方はクリックしてみてください。

◆鶴見医師の 

朝だけ断食で、9割の不調が消える!

朝だけ断食で、9割の不調が消える!

★江部医師の

主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版―糖質制限食のすすめ

主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版―糖質制限食のすすめ