そのみちほうげんの糖質大好きなんだけどダイエット(バイリンガル版投稿あり)

これまで挑戦したダイエットは3回。いずれも失敗に終わりリバウンド。現在4回目の糖質オフダイエットにチャレンジ中。困りごとの解決提案やメニュー提案を投稿します。


豆製品で糖質オフ!たった3ヶ月で血液検査がほぼ標準値に!

これは効く! 食品力を120%活用する食べもの効果効能事典

みなさんこんにちは。

Hello everybody!

そのみちほうげんです。

This is Sonomichihougen.

1.糖質オフダイエットをすることになったきっかけ

  実は2017年12月、かかりつけの医師から血液検査の結果が思わしくないと

  言われたんです。

  血液検査でヘモグロビンA1C(以下A1C)が基準超えという驚きの結果が。

  医師からは食事療法、運動療法、投薬を進められ........。

  しかし、病院というものは安く済ませたいわけです。

  病院に通うのは財布に優しくありませんから。

  どうしようか考えた末、食事療法に決定。その名も自己流糖質オフ

  朝と夜に豆、昼はマメを使った食品、例えば豆腐や豆を中心にする。

  そして日曜日だけは、好きなものを1食だけとるというやり方です。

2.主に利用した食品(3ヶ月間限定)

  大好きなごはんとパン、麺類は毎食カットです。※ちょっと過激―!

  とにかく3か月で効果を出し、血液の改善を図りたかったのです。

  ①豆腐(絹豆腐、木綿豆腐、岩豆腐、焼き豆腐、ごま豆腐etc)

  ②油揚げ(油揚げ、がんもetc)

  ③煮豆(大豆、ミックス豆etc)

  ④納豆(ひきわり、粒納豆etc)

  ⑤豆乳(無調整、加工品)

  メーカーを替え、品をかえ、味を替え、調理方法も替え、同じ商品群でも

  飽きがこないように工夫しました。

3.週1回日曜日に1食だけ食べた主な食品

  息抜きと称して食べたものです。

  ①ラーメン

  ②カレーライス

  ③かつ定食

  ④焼き肉バイキング

  ⑤和食(ビュッフェスタイル)

  ⑥餅類(大福、豆餅、草餅、串団子、お茶餅)

4.はたして結果は如何に(血液鑑定団)

   約3か月のトライでした。

  ①血糖値  基準値110mg/dl  → 107mg/dl(トライ前150mg/dl)

  ②中性脂肪 基準値220mg/dl  → 242mg/dl(トライ前342mg/dl)

  ③ヘモグロビンA1C  基準値6.0~7.0 → 7.9(トライ前8.8)

  初回のチャレンジとして十分の効果です。

  体重はほとんど変わりませんでしたが、血液に効果がありました。

5.まとめ

  実験結果より

  ①豆製品には血液の健康状態を改善する効果がある

  ②ボリュームは製品の量目でコントロールし満腹感を得られるようにする。

   もめん豆腐なら1丁400g食べれば結構いけますよ。

  ③週1回1食好きなものを食べても血液の状態は改善できる。

  補足情報として

  ①豆製品には大豆イソフラボンが含まれるので骨を丈夫にする

  ②同様に血圧の上昇を抑える

  ③血液の改善により医療費の削減になる(投薬不要、検査料少)

 

みなさんも参考になさってください。

 

そのみちほうげんからでした。

WRITTEN BY SONOMICHIHOUGEN.

↓↓↓お薦めです。が、けっして見ないでください。

食べて血糖値、ヘモグロビンA1cを下げる本 (成功率97%! 「糖尿病」を治す食べ方がわかった)

病気がみえる vol.5: 血液

血流がすべて解決する

血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 (講談社+α新書)