そのみちほうげんの糖質大好きなんだけどダイエット(バイリンガル版投稿あり)

これまで挑戦したダイエットは3回。いずれも失敗に終わりリバウンド。現在4回目の糖質オフダイエットにチャレンジ中。困りごとの解決提案やメニュー提案を投稿します。


プログラム、動かすのは人、でもミスる、実行結果を、システムに出力

みなさん、こんばんわ。

僕がプログラマーだったことの話なんです。

作ったプログラムをスケジュールに従い実行管理するのが、オペレーション担当者です。

僕はかつて見たことや聞いたことがない事態に遭遇しました。

オペミスがとても多い担当者がいました。

まあ、どれくらいで多いかとするかは、基準が必要ですけれども、このころはまだそんな基準もなくて、他の人と比べてていうことでしたけれど。

仮にこの担当者をAさんとしましょう。

皆さんどんなミスをすると思いますか?

ちょっと、書いてみましょう。

①二重処理の多発 同じジョブを2回以上実行する

②①の影響でジョブによっては、データが実行回数分だけ倍増、もしくは大事なデータを消去してしまう。

③①と②によって、得意先様からクレームの電話が入る。

④Aさんが上司に怒られる

⑤原因を聞かれても憶えていない。

⑥反省の言葉がない

⑦最後にはコンピュータが間違えたと開き直り

⑧当時のコンピュータログでは、誰がいるジョブを何回実行したのかわかりせんでした。また、調査に非常に多くの時間が必要でした。

⑨このようなサイクルでミスが起きるので人間関係も最悪でした。

 本人も気の毒でしたね。自分では一生懸命働いていると思っているのですから。

さて、みなさん、100万分率という言葉をご存じでようか。※間違っていたらごめんなさい。

かつて読んだ本に載っていました。題名は記憶にありませんが、たしか飛行機の事故率の指標だったと思います。この数値が小さいほど安全性が高いと言われています。

また、その本には事故というものは、ヒューマンエラーが大半を占めると書いてありました。

僕は考えました、どうしたら、オペミスを防止できるか、実行履歴を見ることができるかと。

指導もむなしく、反省も役にただず、人だけに頼るのは止めようと思うようになりました。

最終的に、ジョブ実行管理システムというものを手作りするに至りました。

どんな機能かといいますと、

①ジョブの二重処理防止機能 更新系は、同じジョブを2回できなくする

②ジョブの実行記録を書き出す 誰が、いつ(日時)、どんなジョブ(ジョブ名)、

               正常終了か、否か、データ処理件数が何件か

③二重処理防止機能の一時解除機能 必要に応じて2回処理できるようにする

ざっと、こんな感じになります。

この開発と導入には3か月ほど掛かりましたが、オペミスの発生率は下がりました。

これは、人の質を改善したのではありません。機械に人のミスを防止する機能を

手作りで導入したわけです。

車で言えば、衝突防止機能みたいなものでしょうか。

どうしても、コンピュータのOSに付属する機能では、満足できる結果が得られない時、手作りするのもひとつの方法ではないかと思います。

この時作った、ジョブ実行管理システムは、機械の入れ替えによって過去のものと

なりましたが、僕自身は非常に満足できる機能だったと思っています。

システム開発者や運用責任者の方、参考にしていただければ幸いです。

なるほど! これでわかった 図解 よくわかる これからのヒューマンエラー対策 (DOBOOKS)

なるほど! これでわかった 図解 よくわかる これからのヒューマンエラー対策 (DOBOOKS)